Okotaの気まぐれ日記

ブログが主流のこのご時世、 何故かブログを使わずサイト内日記にこだわってみた!
日々思った事、考えた事をネタを挟みつつ書いてますので、是非ご一読してみてください。

特に、サイト運営者の方は読むと良い事があるかも・・・!?

現在位置→Okotaの気まぐれ日記(トップ) >手動トラックバックについて

手動トラックバックとは?

手動トラックバックとはブログ(Weblog→ウェブログ→ブログ→blog)の機能の1つ、 「トラックバック」を手動で行おうという企画です。

▲このページのトップに戻る

ブログとトラックバック

ブログというのは「ウェブログ」を略して「ブログ」となっています。 このブログとは簡単に言ってしまうと、日記の事です。

厳密には日記でなくても良いのですが、この場では「日記」という事にしておきます。 このブログが何故人気なのかと言うと「気軽に使える」という事と、「機能が充実している」という理由だと思います。

まず、「気軽に使える」というのは具体的にどのような理由からかと言いますと、 ホームページを持っていなくても自分の日記等をインターネット上に公開できるという事です。

そして、ブログを使用する場合ホームページを作る時に必要な「HTML」を特に理解していなくても可能なのです。 もっと簡単に言ってしまうと、掲示板(BBS)と同じ要領で自分専用の日記を公開できるという事です。

そして、「機能が充実している」というのがどのような事かと言いますと、 他にもあるかもしれませんが、日記を公開する事以外にも2つの機能が備わっているのです。

1.コメント機能
その日記を読んだ人が、その日記に対してのコメントを残せるという機能です。

2.トラックバック機能
これは、その日記と関係のある他の人の日記へ自動的にリンクを貼ってくれるという機能です。

例を上げてみます。
Aさんが6月10日に書いた日記をBさんが読みその事をネタに6月11日の日記を書いたとします。 そして、BさんがAさんの6月10日の日記をネタにしたよ〜という報告をする(報告する機能もちゃんとあります、 ブログによっては報告も必要無しで自動でやってくれる所もあるみたいです)と、 Aさんの6月10日の日記の「トラックバック」としてBさんの6月11日の日記がリンクされるという事です。

▲このページのトップに戻る

トラックバック相互リンク

先程書いた「トラックバック」は同じブログを利用していないと成立しません。 そこで、ブログを使用していない人でもトラックバックをしようという事です。

ブログを使用していないので、自動でやってくれないので「手動トラックバック」という事になります。 基本的な概念はブログのトラックバックと全く同じです。

しかし、1つだけ「手動トラックバック」と「トラックバック」では違う点があります。 先程のを使用しますね。

先程の例の場合ですと、Aさんの6月10日の日記のトラックバックとしてBさんの6月11日の日記がリンクされますが、 Bさんの6月11日の日記からはAさんの6月10日の日記へのリンクは特に必要ないのです。

当然、Bさんが日記の中でリンクを貼ればリンクされますが、自動では発生しないという事になります。 これを全部手動でやるのですから、一方的にリンクを貼るというのも気分的に嫌ですよね?

お互いが助け合うという事で、「手動トラックバック」ではお互いの日記をリンクさせましょうという事になります。 手動トラックバックで記事同士の相互リンクしましょう♪と言った方が解り易いかもしれませんね。

▲このページのトップに戻る

手順、方法

ここでも先程のを使用して説明しますね。

step1.
Bさんが6月11日の日記に「Aさんの6月10日の日記を参考にしました。」などと書き、 Aさんの6月10日の日記へのリンクを貼ります。

step2.
BさんがAさんへ「Aさんの6月10日の日記を参考に6月11日の日記を書きました。」と報告します(メールや掲示板等で)。

step3.
Bさんから報告を受けたAさんがAさんの6月10日の日記のトラックバックとしてBさんの6月11日の日記へのリンクを貼ります。

これが「手動トラックバック」のやり方です。

▲このページのトップに戻る

メリットやデメリット

トラックバックのメリット
・他の人の日記を参考にする事で、日記を書くネタが思いつかない場合でも日記を書く事ができる。
・トラックバックを行う事で、コミュニケーションをとれる機会が増える。
・自分の日記へのリンクが増える事になるので、人に読んで貰える機会が増える。
・SEO的に有利(場合がある。これは日記の形態によって変わってきます)。
・訪問者の方も、その記事の関連記事を読み易くなる。
・自分で相手の日記へのリンクを貼らなくて良いので楽

トラックバックのデメリット
・勝手にリンクしてしまう。(気分的に嫌な場合も・・設定できるかもしれませんけど(汗 )
・一方的に自分だけリンクする場合もある。(場所によっては)

手動トラックバックのメリット
・ブログのトラックバックよりコミュニケーション力が強い
・どんな形で日記を公開していても、トラックバック可能(改造は必要)
・勝手にリンクしてしまうことはない。
・SEO的に有利(多分、どんな場合でも)
・自分の日記へのリンクが増える事になるので、人に読んで貰える機会が増える。
・訪問者の方も、その記事の関連記事を読み易くなる。
・他の人の日記を参考にする事で、日記を書くネタが思いつかない場合でも日記を書く事ができる。

手動トラックバックのデメリット
・面倒だし、時間がかかる
・トラックバック対応させる為に多少の改造が必要となる
・移転する場合、対処に困る(汗
・手動トラックバックやってる人が非常に少ない(と思う)

▲このページのトップに戻る

発案者について

手動トラックバックは私(おこた)ではなく 金持ち兄さんが発案した企画です。

金持ち兄さんの日記(6月12日) 手動トラックバックの発案
金持ち兄さんの日記(6月16日) 手動トラックバックに対する兄さんの考え

兄さんの6月16日の日記 の中から引用させて頂きます。

「こんな良い仕組みなのに、”発案者が誰だ”とか言う理由で、 手作業のトラックバックが広まるのを妨げるのは良くないと思うんです。 ですから、誰が考えたとか(初めにやり始めたか)といった事はいうのは全く気にせず、 ドンドンやって欲しいと思います(*^^*)。」
by金持ち兄さん

と兄さんもおっしゃってくださっているので、この手動トラックバックに興味を持った方は是非参加しましょう♪

▲このページのトップに戻る

Okotaの気まぐれ日記 のトップに戻る

手動トラックバック

日記インデックス

■2007年
1月 2月 3月 4月
5月 ・6月 ・7月 ・8月
・9月 ・10月 ・11月 ・12月

■2006年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

■2005年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

■2004年
4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

Okotaの別サイト

人生をもっと楽しみたいなら
Pleasure911

ちょっとしたお小遣い稼ぎなら
ネットで儲ける?お金儲け話

サイト運営で副収入を稼ぎなら
HP作成+サイト運営⇒

格闘技の情報なら
格闘技・総合格闘技『盛者必勝』


【PR】 釣具販売【楽天】  ルアー・フィッシング【楽天】