Okotaの気まぐれ日記

ブログが主流のこのご時世、 何故かブログを使わずサイト内日記にこだわってみた!
日々思った事、考えた事をネタを挟みつつ書いてますので、是非ご一読してみてください。

特に、サイト運営者の方は読むと良い事があるかも・・・!?

現在位置→HOME2006年7月  >【映画レビュー】あらしのよるに(7/13)

2006年7月13日 更新233回目

お題:【映画レビュー】あらしのよるに

■あらすじ

「あらしのよる」に出会った二匹
その二匹は片やヤギ(メイ)で片や狼(ガブ)だった。

二匹が出会った小屋の中は暗く、お互いの顔を見る事ができなかった。 お互いがお互いを同種の動物だと思い、意気投合する。

そして、嵐の明けた後、「翌日小屋の前でまた会ってお昼ごはんでも一緒に食べましょう」 と約束して別れるのだった。

翌日、合言葉「あらしのよるに」の下に1匹のヤギと1匹の狼が出会うのであった。 捕食者と食料の関係の2人、今後どうなってしまうのか?


■感想

正直な感想として、結構意外な映画でした。 いや、申し訳無いのですが甘く見てました(汗

面白ければジャンル問わずの立場の私が言うのもアレなんですが、 アニメ作品ってことでもっと薄い内容かと思ってました・・。

最初から最後まで、思わぬ展開になるのが見てて面白かったですね。 最後の方なんか「ここでこう来るのか!?」と、本当に意外性という意味が色んな意味で当てはまる映画でした。

ただ、残念なのはやはりラストですね。 なんというかあっさりし過ぎというか、「え?これで終わり?」という印象がしました。

ラストに行くまでに、二転三転と怒涛の急展開って感じだったので、 その影響でラストをそのように感じたという感も否めませんけどね。

けどやっぱり、なんか納得いかないんですよね(汗

途中までは文句無しに面白かった分、余計勿体無い気がしますね。 ということで、ラストが(個人的に)納得できなかったので、若干評価が下がってたりします。

お勧めは、子供に友情とかを教育するのに良さそうな映画だとは思います。 少なくとも途中までは大人でもかなり楽しめると思いますよ。


  →amazonで「あらしのよるに DVD」を購入する方はこちら♪

その他の映画レビューはこちら♪



7月11日〜7月12日の期間にWeb拍手をしてくれた方、誠にありがとうございました♪



この日記のトラックバックURL:
http://okota.pleasure911.com/0607/nikki_060713.html
この日記のトラックバック相互リンク
無し

▲2006年7月の日記一覧に戻る ▲このページのトップに戻る

Okotaの気まぐれ日記 のトップに戻る

手動トラックバック

2006年7月の日記
01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

日記インデックス

■2007年
1月 2月 3月 4月
5月 ・6月 ・7月 ・8月
・9月 ・10月 ・11月 ・12月

■2006年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

■2005年
1月 2月 3月 4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

■2004年
4月
5月 6月 7月 8月
9月 10月 11月 12月

Okotaの別サイト

人生をもっと楽しみたいなら
Pleasure911

ちょっとしたお小遣い稼ぎなら
ネットで儲ける?お金儲け話

サイト運営で副収入を稼ぎなら
HP作成+サイト運営⇒

格闘技の情報なら
格闘技・総合格闘技『盛者必勝』


【PR】 釣具販売【楽天】  ルアー・フィッシング【楽天】